【良くあるご質問】スーパーなどで売っているスモークチーズと何処が違うの?

全てのスモークチーズがそうではありませんが、良く目にするスモークチーズと呼ばれる製品は「燻製液」や「燻製剤」などを使い作られているものが現在では一般的になったように思います。

ミツマルのスモークチーズは、おおよそ12時間をかけて、地元の河津桜のチップをブレンドして作りあげた製品です。(ベーコンは下ごしらえから一週間を要します)手間をかけて昔ながらの手法で製造する為、スモークチーズで一週間に生産できる数量は約300本程、ベーコンは100グラムが120枚から170枚、300グラムは60個から90個程度しか作れません。

一般的なスモークチーズとの違いは、上記に書いた事が大きく違います。現在、裾野市のふるさと納税の返礼品になっていたり、2019年、2020年では星野リゾート様の一部の店舗様にてプランの一環として振る舞って頂いたりしています。

2020年現在、創業17年目となりました。様々なお料理に使って頂いたり、お酒のお供としてリピートして頂くお客様も多く、大変ありがたい事に弊社製品の新規お取り扱い店様も増えております。

食に関しては、人それぞれの感想がありますが、オンラインストアーにて皆様から頂いたレビューはこちらからご覧頂けます>>